みんなが知りたいネイリストの資格や検定について。

『ネイリストってどうやってなるのですか?』

専門の学校に行くの?国家資格があるの?何年かかるの?簡単になれるの?

素朴な疑問に、ネイリスト歴18年目の私の視点でお答えいたします。

ネイル施術の手元の画像

ネイリストになるために必要な資格とは?

ネイリストになるために絶対に必要な資格は・・・

ありません!

なぜなら、国家資格ではないからです。

年齢も性別も国籍も、制限はありません。

しいて言えば人に喜んでもらう事が好きな方は、ネイリストになる資格が備わっていると言えるでしょう。

ネイリスト検定とはなんですか?

国家資格ではなく、民間資格としてネイリスト検定試験が実施されています。

主催する協会については現在3つに分かれています。

  1. JNEC 公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター
  2. JNA   NPO法人日本ネイリスト協会
  3. INA      NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション

 

そして以上3つの中で、持っていると就職に有利だと言われている

1. 公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターについてお話しします。

 

JNEC 公益財団法人日本ネイリスト検定

国際的に通用する正しい技術と知識の向上を目的とした試験で、実施20年目を迎え約764.000人の受験者実績があります。

1級を最高とし、2級3級の段階に分かれています。

試験内容及び程度

  • 1級 トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。
  • 2級 サロンワークで通用するネイルケア・リペア・チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識。
  • 3級 ネイリストのベーシックのマスター。ネイルケア・ネイルアートに関する基本的な技術及び知識。

試験内容

各級共通で実技試験と筆記試験を行います。

受験資格

  • 1級 ネイリスト技能検定試験2級取得者のみ
  • 2級 ネイリスト技能検定試験3級取得者のみ
  • 3級 義務教育を修了した方

受験料

  • 1級 11,000円
  • 2級  8,800円
  • 3級  6.600円

実施場所

札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄

2018年試験スケジュール

  • 冬期(1月) 2級1月20日(土)3級1月21日(日)
  • 春期(4月) 1級4月14日(土)2級4月15日(日)3級4月22日(日)
  • 夏期(7月) 2級7月14日(土)3級7月15日(日)
  • 終期(10月) 1級10月20日(土)2級10月21日(日)3級10月28日(日)

合格率

 2016年秋期までの累計  受験者数  合格者数   合格率
    1級   119,145名  43,410名 36,43%
    2級  256,854名 101,573名 39,55%
    3級  346,440名 288,110名 83,16%
    TOTAL    722,439名 433093名 59,95%

 

詳しくはJNEC日本ネイリスト試験センターHPをご覧ください。

http://www.nail-kentei.or.jp/about/about.html

 

検定を持っていると本当に就職に有利ですか?

ネイリスト検定でも、2級・1級があると就職に有利だと言われています。

しかし求人情報のうち『実務経験と資格のいずれも問わない』というサロンも全体の2〜3割は存在します。
応募の幅は狭くなってしまうかもしれませんが、就職は可能ということです。

ただし、資格保持者と比べると資格手当がついたり、時給に差があったり。。。
お給料の採用条件が変わることもありますので、一概に資格は不要であるとは言い切れません。

独立をするのに検定は必要ですか?

サロンを出す、自宅サロンをする、出張ネイルをする。
いかなる形態で独立をするにしても、検定は必要ありません。

ただし、サロンの宣伝に『技術者は検定1級習得者です!』など謳ったり
合格証書を店内に提示し、お客様の安心感につなげるアプローチもあります。

余談ですが、私はネイリストになって18年間・独立して10年の間
延べ人数2万人のお客様を接客していますが1度も検定の有無について
尋ねられたことはありません(´-д-`)

先日は10年来のお客様に
『ひろこさん、検定持ってたんだ!すごいのね!』
と、驚かれたという笑い話も。

どんなお客さまをターゲットにするか、そして地域の特性もあるのかもしれませんが
サロン経営にあたり資格や検定は必ずしも必要ではないということです。

勉強する手元の写真

まとめ

あくまでも私の個人的な観点からですが、検定で基本的な正しい技術と知識を習得することは大切なことだとは思います。

しかしそれ以上に、お客様と接する現場での『経験』が必要なのではないでしょうか。

検定試験には出題されない、様々な問題がサロンワークでは起こります。
先輩と働くサロンワークでは授業料は払わないまでも、毎日が勉強の連続です。
ネイルサロンの仕組みやお金の流れも実際に目で見て理解ができます。
それはとても貴重な経験ですよね。

どうしても検定が欲しいのであれば、サロンワークをしながら折を見て受験する方が良いのではないかと私は考えます。

 

そしてどうしても経験を積む時間もない、すぐに独立をしたい!という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

お客様に気に入って通っていただくには、決して技術スキルだけではありません。
「ぜひあなたにお願いしたい」と言っていただける、接客態度や人柄、居心地の良い雰囲気などあなただけに出来る心からの接遇の部分もとても大きいのではないでしょうか。

この部分は確実なマニュアルと経験に基づくセオリーがありますのでご安心ください。

 

以上を踏まえて、検定をぜひ受けた方が良い方です。

  1. 大手サロンに就職したい
  2. 将来は認定講師になりたい
  3. 自由になる時間とお金がある
  4. 検定を取得することで自分の自信につながる

 

そして はっきりとあなたには検定は必要ないです、と私が申し上げる方です。

  1. なるべく早く独立をする予定がある
  2. 年齢が35歳以上
  3. 小さな子供がいる、家庭がある
  4. 今後も就職の予定はない

2と3に関しては、物理的な時間がないからです。(迫り来る老眼や体力の問題!)

 

ぜひ自分のライフプランにあった方法で、ネイリストを目指し欲しいと思います。

もしお悩みやお困り事がございましたら、お気軽にご相談メールをくださいね!
お一人で悩むより、私と一緒に良い方法を考えましょう♪