ネイリストの独立開業・ホームサロンのメリットデメリット

今日はネイリストの独立についてです。

「独立」と一言で言っても、ネイリストの働き方は様々で 自由に選ぶ事ができます。

路面店舗を出店する
マンションでプライベートサロン
美容院やエステサロンで間借りサロン
お客様のご自宅に伺う出張ネイル
自宅の一室でホームサロン
美容院や雑貨屋さんの間借り
各種イベントに参加出店する

例えば 「自宅のリビングでサロンをしながら、空いた時間は出張もする」

「マンションサロンをしながら 週末だけイベントに参加する」

等、自分の都合に合わせた働き方もできますね。

また、最初はホームサロンから初めて 資金がたまり次第 マンションに移り、いずれは路面店舗に…という夢を持つネイリストは多いのではないでしょうか。

思い立ったらすぐに始める事ができる のはホームサロンの魅力です。
ホームサロンと言っても、最近は認知が高まり お客様も気軽に来てくださいます。
わたしの生徒さんも半数以上の方が、まずホームサロンからはじめられています。

しかし 生活の場という事もあり、お客様をお迎えするにあたり、気をつけなければならないポイントがあります。

ホームサロンを上手に運営するコツを、詳しくお話ししましょう。サロンのディスプレイの画像

ホームサロンのメリット

初期投資と家賃がかからない

店舗を契約する場合は、契約手数料・保証金・敷金など最初にお金がかかります。
お家ならもちろん必要ありませんね。
毎月の出費も最小限に抑えられます。
椅子とテーブル、商材を揃えればすぐに開店できますね。

お子様や家族のお世話ができる

お客様の合間に家族の食事を作ったり、お掃除をしたり。
常にお家にいることができるので、お子様の相手もできます。
サロン勤めではこのような自由はききません。

通勤時間がない

これはとってもありがたいです。
時間が有効に使えますね。

ホームサロンのデメリット

プライペートを守ることが難しい。

自宅に他人をお招きするわけですから、すべて見られて
しまう可能性があります。
私の生徒さんには、いきなり冷蔵庫を開けられてしまった!
勝手に寝室を見られた!
という方がいました。
これは極端な話ですが、お客様にプライベートな空間を見られてしまうこともあり得るということです。

常に綺麗に!

玄関に始まり、廊下・お手洗い・共有スペースなど。
ネイルルーム以外も綺麗にしておくことは大切です。
意外ときになるのは、自分では気が付き辛い
お家の匂い。
ベットの匂い・下駄箱の匂い・朝食の匂い。
お魚を焼いたりすると、これが長時間残るので気をつけなければなりません。

HPや広告に住所が出せない

全く気にならない方はよろしいのですが、やはりご自宅の住所を公開となると、ご予約いただいてからお客様にお教えするパターンが多いようです。

マンションや賃貸物件の場合は商業使用をしても良いのか確認が必要

内緒で営業すると、後々大家さんや管理会社とトラブルの原因になります。
最悪、退出させられてしまうかもしれません。
お客様にもご迷惑がかかりますので、事前にしっかり確認しましょう。

家族の協力が必要

例えばお子様にはお客様がいらっしゃる時は大きな声で騒がない、旦那様にも下着でウロウロしない、など協力してもらうことは大前提です。

趣味でやっていると勘違いされやすい

お家サロンとなると『どうせ趣味の延長でしょ』と色眼鏡で見てくる人もいます。
そして自宅だから・・・と価格を激安に設定され、悩んでいる方も多いです。
正しい技術と知識が提供できるのですから、自信を持って正しい営業をされるとお客様からの見る目も絶対に変わります。

白で統一されたリビングの画像

まとめ

やはり最大の魅力は金銭面ですね。
固定費が抑えられることはとても大きなメリットです。
気をつかうことも多いかと思いますが、いつもお家を綺麗に清潔に保つことができるのも逆に考えればメリットかもしれません。

独立開業を迷っている方、まずはホームサロンから始めてみるのが一番の近道なのではないでしょうか。