爪にカビ?グリーンネイル・緑膿菌ってなに?

グリーンネイル、という言葉は聞いたことはありますか?

ネイリストはご存知ですね、実際に感染した爪を見たことがある技術者も多いのではないでしょうか。

でも、正しい知識はありますか?

私たちネイリストはお医者様ではないので、病名を断定して告げることも治療をすることもしてはいけないと決まっています。

しかし爪の専門家として、正しい知識があるのとないのとではサロンワークのあり方も変わってくるのではないでしょうか。

今日は改めてグリーンネイルについておさらいしたいと思います。

ジェルネイル施術の手元の画像

グリーンネイルって何?

グリーンネイルとは緑膿菌と言う細菌による感染性疾患のことを言います。

適度な湿度と温度のある場所、土の中や水の中など自然の中のいたるところに存在しています。

人間の腸管内にも存在するように、健康な私たちにとっては無害な常在菌と言われる細菌の一種です。

しか日和見感染と言って抵抗力が落ちている高齢者や重病の人には命に関わるような症状を引き起こすこともあります。

よくグリーンネイルはカビと勘違いなさっている方もいますが、カビは真菌、グリーンネイルは細菌の一種です。

どうして爪に感染するの?

爪甲には緑膿菌の環境条件が揃っています。

適度な温度と湿度で繁殖には絶好の環境なのです。

ジェルネイル・スカルプチュアなどイクステンションを施している際、

イクステンションと地爪の間にリフトが生じ、その隙間から緑膿菌が入り込んで緑色の色素を発生させます。

また、爪甲剥離や白癬菌の感染による病変部分に緑膿菌が入り込み緑色に変化する場合もあります。

どうして緑色になるの?

緑膿菌が分泌する緑色の色素、ピオシアニンのせいです。

この緑色がパンやチーズに生える青カビに似ていることから、

「グリーンネイルはカビ」と勘違いする人が多いのかもしれせん。

また緑色が残っているからといって、緑膿菌が存在しているとは限りません。

最初は黄色っぽい色から緑色・茶色・最後に黒へと変化します。

爪に感染したらどうすればいいの?

緑色の色変が見られた時、イクステンションを施している場合はまずはオフしてください。

緑膿菌は湿潤環境が大好きなので、爪には何も付けずに乾燥させましょう。

そして皮膚科医を受診し、ネイルの施術の許可が出てからネイルをしましょう。

くれぐれも、緑色を取り除こうとヤスリで削ることはしないでください。

地爪を薄くし痛めるだけで、色素沈着した緑色は完全に取り除くことは不可能です。

爪が伸びて自然になくなるまで少し我慢してくだいね。

感染しないために

イクステンションを施している場合は、必ず定期的にネイルサロンでメンテナンスをすること。

地爪からイクステンションが浮いてきているのに、そのままにしたり自己流で接着剤をつけたりはしないでください。

ジェルネイルの場合は理想は3週間、最低でも4週間以内に付け替えを行うことが大切です。

特に爪の伸びが早く、湿気が多く汗をかく梅雨〜夏場はグリーンネイルが多い時期。

少しでも異変を感じたら、ネイルは我慢して皮膚科を受診してくださいね。